カーナビに最適なアンドロイドタブレットの見つけ方

カーナビ化
フィルムを貼ったタブレット画面
SIMフリー モデル

ステレオスピーカー

GPS機能

フルHD

重量

反射防止・輝度

\ 本日 Amazonクーポン配付中!/
タブレットクーポンはこちら

Amazonタイムセールはこちら
PC・周辺機器

\ 本日 Amazonクーポン配付中!/
タブレットクーポンはこちら

Amazonタイムセールはこちら
PC・周辺機器

カーナビ化用タブレットの選び方

適当なタブレットを購入すればカーナビ化するかというとできる場合とできない場合があるので、やはりタブレットカーナビ化する上で重要なポイントを知ってから購入することをおすすめします。

SIMフリーモデル(=LTEモデル)

SIMフリータブレットは格安SIMカードが挿せるタブレットのこと。LTEモデル、4Gと書いてあるのもSIMフリーと同じ意味です。

wifiモデルと書いてあるタブレットではカーナビ化できません

SIMフリーはdocomoやソフトバンク、auといった通信会社以外にも契約できるので格安SIMカードを使用して月500〜1000円と激安価格でインターネットに接続させることができます。

 

ステレオスピーカー

タブレットには価格を抑えるためにスピーカーを1つしかつけていないモノラルスピーカータイプが多く存在します。

音楽や動画を車内で楽しむには、2つのスピーカーがついたステレオスピーカー内臓タブレットが必須です。

音質を極めたクアッドスピーカー(4つのスピーカー内臓)のものもあります。

さらに音質を高めたい方にはBluetoothスピーカーがおすすめ。ウーハー(重低音)が効いてシアターのようなサウンドを実現してくれます。

 

解像度1920x1200ドット(1080p)

現在、動画配信サービスの画質は

SD画質 720×480ピクセル

HD画質 1280×720ピクセル

フルHD 1920×1080ピクセル

4K 3840×2160ピクセル

があり、HD画質とフルHD画質が一般的です。

 

今後はどの動画配信サービスもフルHD画質がスタンダードとなってくるでしょう。
フルHDはブルーレイと同等画質なのでタブレットで観てもかなり綺麗です。

 

2Kや4Kはモバイル環境では難しい

4Kで観たいという願望も出てきますが、残念ながら最高画質の4KはフルHDの画素数の4倍もあります。データ通信量もその分大きくなるためモバイル環境では4Kは再生できません。数年の間は4Kを車内で楽しむというのはないです。

 

GPS機能付き

GPS機能はほとんどのタブレットに搭載されていますが気をつけないといけないのがKindle Fire。Amazonでタブレットを探しているとKindle Fireタブレットがよく表示されます。

ただKindle FireにはGPS機能は付いていません。つまりKindle Fireはカーナビ化できません!

 

反射防止と視野角

昼間の車内はいろんな方向から光が入ってタブレット画面に映り込みが発生します。

タブレット画面が反射するグレアタイプと反射しにくいノングレアタイプがありますが現在はグレアタイプが主流でノングレアの製品はほとんどありません。

反射防止シートをつけたほうが指紋も付きづらい(カーナビ操作するのでなおさら)です。

車内でいろんな角度から視聴するためには視野角の広さも確認しておく必要があります。あまり視野角が狭すぎると見えにくい現象が起きて家族で楽しむのに支障が出ます。

 

おすすめタブレット ファーウェイ T5

カーナビに使用できるAndroidタブレットは、A-GPS内臓LTE対応などカーナビにするための条件がいくつかあります。その条件をクリアしたタブレットの中でも特におすすめがファーウェイT5。

10インチ大画面のandroidタブレットでフルHDの高解像度。それでいて重量約465gと軽量です。車内で配信動画サービスを最高画質で観ることができる最良のマシンです。

 

本サイトでもファーウェイT5の実機レビューしています。

 

マセ子
マセ子

私の愛機 T5を使ってレッスンするからよく見ておいてね。