タブレットに格安SIMを使うときの意外な落とし穴

SIMカードどれを選べばいい? 格安SIM
\ 本日 Amazonクーポン配付中!/
タブレットクーポンはこちら

Amazonタイムセールはこちら
PC・周辺機器

\ 本日 Amazonクーポン配付中!/
タブレットクーポンはこちら

Amazonタイムセールはこちら
PC・周辺機器

タブレット向け格安SIMのおすすめは?

タブレットSIMフリーモデルをカーナビとして使ったり、外出先でインターネットを利用する際に必要なのが格安SIMです。

タブレットに使用する格安SIMカードを適当に選ぶとネットに繋がらなかったり、繋がりにくくなるのでしっかりと知識を得てご自身のAndroidタブレットに合った格安SIMカードを選びましょう。

タブレット用格安SIMの選ぶポイント

SIMカードのサイズ

SIMカードには3種類の大きさがあります。

タブレットのSIMカードのサイズはnanoSIMが一般的。当サイト使用のテスト実機のファーウェイT5のSIMの大きさもnanoSIMです。以前はmicroSIMも多かったので古い機種につける場合は注意してください。

機種によってSIMの大きさが異なる可能性もあるので必ず調べましょう。SIMを契約するときに大きさを選べます。

 

LTE対応バンドの種類

SIMフリーのタブレットでは、SIMカードの回線種類をdocomo・au・ソフトバンクどれを選んでも利用できます。

ただしタブレットSIMフリーモデルの多くは、LTEに使用されるバンド(周波数)が異なりますので注意が必要です。

ドコモ回線とソフトバンク(ワイモバイル含む)回線はほとんどのタブレットのLTEバンドで対応しています。

ただしdocomo回線(Dタイプ)は解約時にSIMカードの返却が必要となるので面倒ですからソフトバンク回線がおすすめ

当サイトのおすすめタブレット記事には対応バンドの早見表を付けているので参考にしてSIMカードに契約してください。

mineoは、docomo・ソフトバンク・au回線が自由に選べて途中でもオンラインで簡単に回線種類を変更することができるのでおすすめです。

 

通信速度

SIMカードは何を選んでもいいというわけではありません。SIMカード契約には

高速通信

低速通信

の2種類のプランがあります。

低速通信は、インターネットやメールの用途向けです。

 

低速データ無制限プランを選ばないように!!

低速プランのデータ量無制限

低速通信はデータ量無制限と書いてあるので無制限なら動画見放題だ!と勘違いしやすいです。低速通信を選んでしまうと通信速度が遅く動画視聴できませんから注意してくださいね。

 

選ぶポイント

・高速通信可能なSIMを選びましょう

 

 

最安値SIMカード一覧表(税別)

月の通信量最安SIMプラン月額容量繰越速度
5GBDMMモバイル 5GB1,210円通信速度◎
6GBBIGLOBEモバイル 6GB1,450円通信速度◎
10GBDIT SIM 10GB2,100円通信速度◎
12GBIIJmio 12GB2,560円通信速度◎
15GBDMMモバイル 15GB3,280円通信速度◎
20GBDMMモバイル 20GB
/ mineo 20GB
3,980円通信速度◎
25GBU-mobile MAX2,380円×速度△
30GBスマモバ ギガプレミアム※14,480円×1日3GB。通信速度○

月額は全て税別
※1 スマモバ ギガプレミアムの最低契約期間は3年以上
※2 WiMAXは4ヶ月目からは3,411円 25ヶ月目以降は4,011円  SIMカードのみの契約がないので端末購入が必要です。

 

使用用途別格安SIMプラン

車載タブレットで動画配信サービスを流しておくとデータ量が心配ですよね。

ここでは使用目的別の最安値SIMプランを見つけられます。車載タブレットで使うデータ通信量目安も掲載しています。

大容量プラン

Androidタブレットをカーナビ化するのに必要な格安SIMカードの中で一番のおすすめはmineo。

回線種類(docomo/ソフトバンク/au)が自由に選べる高速通信月繰越可能・低価格 とどんな用途にもフィットします。

 

音楽視聴とナビしか使わない場合のおすすめプランは?

ナビや音楽視聴に使うデータ量は少ないです。ブラウジングなど他の利用を含めても5GBで十分です。

 

音楽・ナビのみの格安SIM → DMM 5GBプラン

Amazon musicのデータ通信量

視聴時間通信量
 週3時間0.5GB/月
平日1時間0.8GB/月
毎日1時間1.2GB/月

Amazon musicなど音楽視聴をする場合 1時間 40MB程度

 

Google Mapにかかるデータ通信量

1時間 3MB程度とかなり通信量は抑えられています。毎日1時間Mapを使っても0.12GB/月です。

1時間 3MB程度 毎日1時間Mapを使う場合0.12GB/月。

 

映画をたまに観る場合のおすすめプランは?

週1回程度映画を観る方はコスパに優れた10GBプランがおすすめ。それ以上になると無制限プランが安心です。

DTIは10GBより上のプランが廃止されたので、10GBよりも消費が高い可能性があるならDMMのほうが安心です。

DTI(10GB最安値)2100円 / DMMモバイル 2190円

 

週1回程度の映画視聴の格安SIM → DTI 10GB またはDMM 10GB

 

動画視聴に使用するデータ通信量

 

視聴時間HDフルHD
 週2時間 5GB/月7GB/月
平日1時間13GB/月18GB/月
毎日1時間19GB/月27GB/月

フルHD 約0.90GB/1時間 | HD 約0.63GB/1時間(hulu公式発表データ)

 

必要な速度

モバイル環境でVODサービスで動画視聴する場合に通信速度が遅いとデータ受信が追いつかずに動画が途中で止まってしまいます。

画質によって必要な通信速度が異なりますが、HD(ハイビジョン相当)またはフルHD(ブルーレイ相当)で観る場合、各VODの推奨通信速度は表(下)のとおりです。

Netflixhuluu-nextAmazon
プライムビデオ
5Mbps3Mbps3Mbps3.5Mbps

 

自宅のネット環境も兼ねて

という方には、間違いなく容量無制限&高速通信が必要です。

 

自宅のネット環境にも使う格安SIM →WiMAX ギガ放題

ただしWiMAXは、SIMフリータブレットには使用できません。専用のポケットwifiを使って通信する必要があります。

 

こんなときは

SIMの容量オーバーしたら

格安SIMで出来るだけ月額を抑えたいので6GBを選ぶとしましょう。

その月の途中でhuluなどで映画をフルHDで3本観ると6GB近く達します。

 

容量オーバーした場合はどの格安SIMもすぐに1GB追加することができますがそれ以上は当月は何もできません

 

その月は速度制限によりほぼほぼ使い物になりません。

プラン変更をするには翌月あるいは翌々月まで待たなければいけません。

 

容量オーバーを気にせずに使いたいということであれば無制限&高速通信ができるWiMAXをポケットwifiで使用する。あるいは余裕ある容量で契約をするかどちらかにしましょう。

WiMAX ギガ放題

 

どうしても安く抑えたい場合の裏技!

無制限で高い金額を少しでも抑えたいという方におすすめのプランと使い方があります。

当月容量を一度丸々持ち越しをして容量を倍にして使うという方法です。

6GBプランの場合は持ち越しで12GBまでアップできます。

タブレットで利用した容量を確認しながら使うといいでしょう。

使う月と全く使わない月がある方は、この使い方ができるので月容量よりも実際には使える容量は多いです。

 

動画視聴をほぼしないという方はビッグローブの月1450円 6GBプランでOKです。

 

SIMカード選び方まとめ

SIMカードプランはたくさんあって選び方がわかりづらいですがポイントは3つ

 

・高速通信と低速通信と2種類存在する → 3Mbps以上の高速通信を選ぶ

・動画を観る時間数に合わせる → 月10〜20GBあたりがおすすめ

・データ容量繰り越しサービスも考慮して

 

試してみたい人には繰越タイプを

BIGLOBE・DMMモバイル・mineoのデータSIMは自由度が高いです。

・最低利用期間がないのでいつでも解約できる

・月のデータ容量はいつでも変更可能(翌月適用)

・余ったデータ通信量は自動で翌月繰り越し

 

繰り越しの例 mineo20GBプランの場合 前月10GB余った→翌月30GB使える

 

車内で動画をどれくらいの頻度で観るかわからない、まずは自分が月々にどれくらいの容量を使うかわからないという人におすすめです。

 

 

エンタメ満喫できるBIGLOBE

以下の動画・音楽コンテンツが契約データ容量を使わずに無制限で利用できるBIGLOBEのエンタメフリーが人気です。

YouTube、 Google Play Music、 Apple Music、 AbemaTV、 Spotify、 AWA、 radiko.jp、 Amazon Music、 U-NEXT、 YouTube Kids

ただし動画は最低画質・音楽は最低音質となっています。詳しくは公式ページに書いています。

3GB以上のデータSIMならこちらのオプションが選択できるのでお得です。

 

 

すこぶる動画を観る人にはWiMAX

(ほぼほぼ)無制限プランはWiMAXのみ。

車内だけでなく家の中でも動画やインターネットをデータ量を気にせずに楽しみたいという人におすすめ。WiMAX専用の回線を使っていて通信速度は光回線とそん色がないほど高速です。

 

メリット

  • 安くて快適
  • 超高速&無制限
  • 3日10GB制限も1Mbpsとゆるい規制

 

デメリット

  • SIMカードのみの契約ができない
  • SIMフリーのタブレットやスマホに挿せない
  • 初期費用が高い
  • 契約期間3年以上の縛りがある

 

デメリットは多少ありますが、それでも大容量SIMの中では長い実績と信頼感があり選ぶ人は多いです。

 

 

安く毎日動画を楽しみたい人にはU-mobile MAX

U-mobile MAXは25GB/月の大容量なのに2,380円と激安です。

問題は回線速度で、速度が1Mbps出ない場合も。夜間のピーク時には500kbps出ないこともあります。

超高画質のフルHDで見るのは諦めて画質を抑えて毎日動画を観るという方には支障は少ないでしょう。容量が不足するということはほぼないと思います。

 

 

通信速度に騙されないで

各SIM会社で公表されている通信速度は理論値なので、実際はそれよりかなり遅い速度になることも多いです。使用されている方の口コミを見て判断するか、このサイトで検証したSIMカードプランを選ぶのをおすすめします。

 

SIMカードによっては1日のデータ通信量を1GB程度で制限してしまうSIM会社もあるので注意が必要です。