トップページvol2(2018.11.12)アンケート追加

トップページvol2の修正点

アンケート結果を追記した。

サイトコンセプトをいきなり読者に伝えても納得してくれないはずなので、タブレットを車載していない人たちがどれくらいいて、車載しない理由や今後はどうなっていくのか?というトレンドの流れを読者に伝えるように意識した。

ようするにLPの最初の問題提起だ。

 

全アンドロイドカーナビ化計画とは

(アイキャッチ画像 ヒロイン+アンドロイドカーナビロボ)

 

(イラスト2 コンビニ駐車場で音楽を聴いている人+近所迷惑 環境汚染のプラカードを持ったヒロイン)

全人類のアンドロイドタブレットを愛車に搭載させ真夜中のコンビニ駐車場でエンジンを付けっ放しにしてカーナビで音楽を聴いたりテレビを観たりするような行為を撲滅することよ。

 

 

アンドロイドタブレットは2万円程度から購入出来て従来のカーナビに比べても格安だし音楽や動画まで自由に楽しめちゃう高機能カーナビなの。

 

 

タブレット車載アンケート結果

タブレット車載アンケート(集計人数:200人)

 

2018年11月のアンケート結果によるとアンドロイドタブレット端末を車載している人は8.5%。このままではタブレット端末はカーナビの役目を果たせないままね。何としても私がアンドロイドタブレットカーナビの素晴らしさを全人類に伝えなくっちゃ。

全人類のアンドロイドタブレットをカーナビにしてやるわ。

 

iPadユーザーはここでアンドロイドタブレットを買って出直しなさい。

 

アンドロイドカーナビにしない理由

(イラスト3 悩むヒロイン)

なぜ人類はアンドロイドカーナビを使ってないのかしら?

 

 

タブレット設置希望アンケート

タブレットを車載していない人に今後タブレットを設置したいかの問い

 

アンケートではタブレットをカーナビ車載していない人で今後車載したいと思っている人が半数以上もいたわ。

もしかしてアンドロイドカーナビにしないんじゃなくて、アンドロイドカーナビにする方法がわからないだけじゃないのかしら。

 

(以下はアンケートを取って棒グラフ)

タブレットを持っていない

タブレットの外出時のインターネット環境がない

タブレットホルダーの選び方がわからない

その他

 

アンドロイドカーナビのここがすごい!

(ホワイトボードに指示棒 ヒロイン)

エンジンを止めていてもナビが動く

ニコ動やユーチューブが車内で楽しめる

音楽配信サービスで最新曲が車内で楽しめる

動画配信サービスで海外ドラマが車内で楽しめる

スマホのスケジュールと同期できる

車内でパソコンの仕事ができる

車内でネットサーフィンが楽しめる

車内でネットオークションを楽しめる

 

コンビニの駐車場でエンジンをかけっぱなしでカーナビのテレビを見ていたり音楽を聴いている人はすぐにアンドロイドカーナビにしてエンジンを止めて!

 

カーナビに最適なタブレット

おすすめタブレットはコレ!

ファーウェイT5が有力候補(購入すること)

 

カーナビに最適なアンドロイドタブレットの見つけ方

SIMフリー モデル(=LTEモデル)

・ステレオスピーカー

・解像度19201200ドット

・GPS機能付き

・視野角の広さと反射防止

 

SIMフリーモデル(=LTEモデル)

SIMフリータブレットは格安SIMカードが挿せるタブレットのこと。LTEモデルと書いてあるのも同じ意味です。

SIMフリーはdocomoやソフトバンク、auといった通信会社以外にも契約できるので格安SIMカードを使用して月500〜1000円と激安価格でインターネットに接続させることができます。

おすすめSIMカード

動画見放題のSIMカード

 

ステレオスピーカー

タブレットには価格を抑えるためにスピーカーを1つしかつけていないモノラルスピーカータイプが多く存在します。

音楽や動画を車内で楽しむには、2つのスピーカーがついたステレオスピーカー内臓タブレットが必須です。

音質を極めたクアッドスピーカー(4つのスピーカー内臓)のものもあります。

さらに音質を高めたい方には音楽メーカーが発売するスピーカースタンドがおすすめ。ウーハー(重低音)が効いてシアターのようなサウンドが実現します。

 

解像度19201200ドット(1080p)

現在、動画配信サービスの画質は

SD画質 720×480ピクセル

HD画質 1280×720ピクセル

フルHD 1920×1080ピクセル

4K 3840×2160ピクセル

があり、HD画質とフルHD画質が一般的です。

 

今後はどの動画配信サービスもフルHD画質がスタンダードとなってくるでしょう。
フルHDはブルーレイと同等画質なのでタブレットで観てもかなり綺麗です。

 

4Kはモバイル環境では難しい

4Kで観たいという願望も出てきますが、残念ながら最高画質の4KはフルHDの画素数の4倍もあります。データ通信量もその分大きくなるためモバイル環境では4Kは再生できません。数年の間は4Kを車内で楽しむというのはないです。

 

GPS機能付き

GPS機能はほとんどのタブレットに搭載されているが気をつけないといけないのがKindle Fireだ。Amazonでタブレットを探しているとKindle Fireタブレットがよく表示されます。

ただKindle FireにはGPS機能は付いていません。つまりKindle Fireはカーナビ化できません!(オプション品をつければ別ですが面倒です)

 

 

視野角の広さと反射防止

車内でいろんな角度から視聴するためには視野角の広さも確認しておく必要があります。あまり視野角が狭すぎると見えにくい現象が起きて家族で楽しむのに支障が出ます。

またタブレット画面が反射するグレアタイプと反射しにくいノングレアタイプがありますが現在はグレアタイプが主流でノングレアの製品はほとんどありません。

反射防止シートをつけたほうが指紋も付きづらい(カーナビ操作するのでなおさら)です。

 

 

究極にこだわりたい人のタブレットの選び方(記事へ)

 

 

カーナビソフトを設定する

(GoogleMap ヤフーマップのロゴ)

GoogleMapは音声入力が便利。ヤフーマップは周辺施設を見つけるのに便利。

 

・GoogleMapを便利に使う設定方法(記事へ)

・ヤフーマップを便利に使う設定方法(記事へ)

 

動画を楽しむ

(hulu amazon prime netflix googleplayのロゴ画像)

おすすめな動画配信サービスはフルHD(解像度19201200)の高画質対応。huluは国内ドラマの見逃しがあってうれしいサービスなんだけど画質は今一つよね。

 

フルHD対応している動画配信サービス一覧

・Amazon prime

・U-NEXT

 

車内で動画配信サービスを楽しむ設定方法(記事へ)

 

音楽を楽しむ

走行しながら映画やドラマなどの動画を見るのは大変危険よ。そんなときは音楽を楽しみましょう。プロモーションビデオやライブビデオだったら見なくても雰囲気だけでも十分に楽しめちゃうわね。

 

プロモーションビデオを楽しみたいならdTV。

avex、安室奈美恵

 

 

(amazon music )

音楽配信サービスでBGMを楽しむ(記事へ)

 

 

アプリでもっと便利なカーナビに

ショートカットを作る

カーナビっぽいアイコン画面にする(調べる)

 

Androidタブレットを車載する(メインコンテンツ)

(Andoroidタブレット ファーウェイT5タブレットを設置する写真)

画像キャプション:Androidタブレットを車載してカーナビ化

 

(後部座席シートをリクライニングしてシアター化 ポップコーン&快適な写真)

後部座席にタブレットを設置して車内シアターを作る

 

(激安!の文字 激安タブレットでカーナビ実現 設置している写真)

5,000円以下タブレットで激安カーナビを実現する

 

タブレットホルダーを探す

・オンダッシュ

・カーナビ入れ替え

・ドリンクホルダー

・後部座席

・ヘッドレスト

 

スマホを車載する

スマホ車載ホルダー

充電できるスマホホルダー

 

wifi付きカーナビ

huluやyoutubeがインストールされているナビを探す

simカードが入るカーナビ

androidカーナビ アンドロイドカーナビ

メリット

google mapが使えて音声入力もできる

バックカメラは今までどおり使える

ミラーリングで後部座席モニターと同じ動画が観られる

デメリット

エンジン止めたら電源切れる

エンジンかけっぱなしで駐車しているとうるさい

植物が枯れる

備品

ステレオミニプラグ変換アダプタ

1DINタブレットホルダー

電源を確保する

電源供給おすすめ

タブレットカーナビ化計画